So-net無料ブログ作成

お世話になった 杏林大学病院 形成外科

杏林大学医学部付属病院 形成外科・美容外科は、日本医師会医学賞を受賞された波利井教授が主任教授をされている病院です。形成外科とは、事故や病気によって失われた部分を再建したり、機能を回復させる為に行なう治療で、波利井教授は形成外科のエキスパートです。顔面神経麻痺と言う症状の治療ですさまじく有名です。この経験と技術を活かして近年、美容外科に力を注いで居ます。

治らない・・・・・

顔面神経麻痺により顔の表情が戻ら無い場合、リハビリテーションやマッサージを続けることが必要です。
しかし、それでも治ら無い場合には「笑顔の再建」をすることも可能です。
顔面神経麻痺の治療で信頼できる実績を多数持つ病院はランキングにてご紹介しております。

末梢性顔面神経麻痺の治療

麻痺の進行して居る早期段階でステロイド等の薬品を投与し、リハビリのマッサージをおこなうことでベル麻痺の多くは回復します。
重要なのは早期発見・早期治療ですので、必ず異常を感じたときには病院にかかるようにしましょう。
他の要因による麻痺の場合や、一部のケースでは麻痺が治ら無い場合や後遺症が残る場合があります。

末梢性顔面神経麻痺の原因

末梢性顔面神経麻痺の約8割は、原因不明のベル麻痺と呼ばれる症状です。
ハント症候群の場合、早期の抗ウイルス剤投与が重要なため、おかしいと思ったら必ず病院で診察を受けましょう。
しかし、その次に多いのはハント症候群と呼ばれる水疱瘡ウイルスによる発症で、耳や口の内部や外部に水ぶくれやかさぶたができ、激しい頭痛などが発生することがります。
ウイルス性であったり、免疫異常だったり、なんらかの体調不良により発症することが多いようです。
その他、外傷や中耳炎などのでも発症することがあります。

顔面神経麻痺って・・・・

顔面神経麻痺とは、顔の表情をコントロールする神経が麻痺する症状です。
顔の筋肉が麻痺することで顔をうまく動かせなくなる病気です。

ある日突然、顔面神経麻痺は訪れる。

おかしいな、と思った時には顔面神経麻痺はあなたに訪れて居るかも知れません。
何の変哲も無い、いつもどおりの朝の光景。
喉が渇いたな、お水でも・・・と、水を飲もうとしたら口から飲み込んだ水が零れ落ちる・・・

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。